〒456-0013 愛知県名古屋市熱田区外土居町7-8

人工関節置換術

人工関節置換術とは

人工膝関節置換術には「全置換」と「部分置換」があります。膝関節の内側の骨だけがすり減り膝の変形がひどく進行していない状態であれば、人工膝関節は「部分置換」が良い適応です。「部分置換」は「全置換」より自分の膝の組織を温存することができる手術のため、手術後に患者さんの体への負担が少なくてすみます。例えば、最近の人工膝関節置換術では、術中や術後の出血が少なく、他人の血を輸血する必要はなくなりましたが、特に「部分置換」での出血はごく少量で、手術翌日から元気に動くことができます。したがって術後の合併症が少ないため、より高齢者に対しても行うことができ、超高齢化社会を迎えている日本では今後ますます増加していく手術と考えています。また、「部分置換」は「全置換」に比べてより生理的な膝の関節機能を再建することができるため、手術後に良好な膝の曲がりを獲得することができ、症例によっては正座も可能となります。ただし、人工膝関節置換術の適応がある患者さんすべてに「部分置換」を行うことができるわけではなく、手術適応の評価が非常に重要となるため、「部分置換」の人工膝関節置換術を希望する場合は特に、人工膝関節置換術に慣れた膝の専門医に良く相談する必要があります。

整形外科受診や手術のお問合せ
052-671-5161
052-671-5474