〒456-0013 愛知県名古屋市熱田区外土居町7-8

リハビリテーション

長年スポーツ整形に特化してきた当院において、スポーツリハビリにおいても実績を積み上げてきました。
さらに地域医療に貢献すべく、回復リハビリテーション病棟を設立。
急性期病院との細かな連携により、多くの患者さまを受け入れています。

01

当院のリハビリテーションが目指すもの

リハビリテーションは、「リ(再び)」と「ハビリス(適した)」という2つの語源から成り立つ言葉で、再び適した状態になる事を意味します。

WHOでは 「能力低下やその状態を改善し、障がい者の社会的統合を達成するためのあらゆる手段を含んでいる。リハビリテーションは障がい者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、障がい者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えることを目的とする。そして障がい者自身・家族・そして彼らの住んでいる地域社会がリハビリテーションに関するサービスの計画と実行に関わり合わなければならない。」と定義しています。

02

当院のリハビリテーション

アスリートへのスポーツリハビリテーションから、回復期リハビリテーション病棟におけるプログラムまで、
幅広い施術を行っています。

スポーツリハビリテーション

スポーツリハビリテーション
ケガをして手術を受けた選手が徐々に元の機能を取り戻すまでの過程を伴走します。学生や社会人で高いレベルを目指している選手のほか、趣味や仲間同士のレクリエーションとしてスポーツを愛好している方などさまざまな方から利用いただいています。リハビリによって復帰を果たすことを目標に取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟
2018年8月に回復期リハビリテーション病棟を開設しました。ご自宅への復帰を目指したプログラムで、ご支援をしています。三次元動作解析装置などの最新機器も取り入れた200㎡を超えるリハビリテーションセンターもで施術しています。
詳しくはこちら

03

リハビリテーション体制

◎理学療法士(PT)
身体に障害がある者(けがや疾患)に対し、症状・状態などを評価するとともに医師の指示のもと治療を行います。基本的動作能力の回復や疼痛緩和・予防などを目的に運動療法や物理療法等を行います。そして、個々の状態や環境に応じた目標を定めるとともに、身体機能面だけでなく社会復帰及び家庭復帰を目指しリハビリを提供していきます。
◎作業療法士(OT)
身体または精神に障害のある方、またはそれが予想される場合にその主体的な活動の獲得を目指します。患者様の主体的な活動を図るため、作業活動を通した治療・指導・援助を行います。
◎言語聴覚士(ST)
失語症、声や発声の障害に対し評価・練習・指導を行うとともに、うまく食べられない・飲み込めない方(摂食嚥下障害)に対しても、多職種と協働してその方の能力に応じた食事内容や姿勢、食べ方の検討と能力が発揮できるよう摂食機能療法を実践し、随時評価・練習・指導を行っています。

04

主な導入機器

バイオテックスシステム4

バイオテックスシステム4
筋肉の成長と機能低下の評価ができるシステムで、下肢、上肢、体幹の各部の主要関節の各種運動方向の筋力評価ができます。スポーツ愛好家からトップアスリートまで、幅広くフォードバック可能です。

ショックマスター

回復期リハビリテーション病棟
圧力波で治療部位に炎症反応が生じて、痛み部分の代謝を活性・増加させることで、組織の治療を促進させる療法です。詳しくは以下サイトをご覧ください。
詳しくはこちら
お問合せ
052-671-5161
052-671-5474