膝周囲骨切り術

膝周囲骨切り術

膝の変形のために片側(主に内側)に偏った荷重ストレスを、骨を切って骨の形を変えることにより、正常な軟骨が残った側(主に外側)に移動させる手術です。
患者さんの膝関節が温存できますので、痛みが極めてよく改善し、正座やスポーツ、肉体労働などへの復帰が可能になります。一方で、骨が癒合するまで多少時間がかかるため、機能回復まではリハビリをしっかり行うことが必要です。
脚全体の形や軟骨の評価、骨切り角度の設定など、手術には熟練した技術が必要となるため、骨切りを希望する場合は、骨切りに慣れた膝の専門医によく相談する必要があります。

膝周囲骨切り術